Health and Medical(健康・医療)

かわいい動物の動画を見ると、健康に良いことが証明される

イギリスの3604人の大学生を対象とした調査(NatWestStudent Living Index 2019)の結果では、約半数の学生(45%)が学業にストレスを感じており、メンタルヘルスの問題で大学を中退する学生が増えている。

そこで、イギリスのリーズ大学などの研究チームは、かわいい動物がストレスや不安の減少に寄与するかどうかを調査して発表した。

この研究では、「かわいい」動物の画像や動画が、参加者(リーズ大学の学生とスタッフ)に与える生理学的および心理的影響を調査した。
具体的には、様々なかわいい動物の画像や動画を30分間視聴すると、心拍数・血圧がどのように変化するかを調査した。
また、State-Trait Anxiety Inventory(STAI)を使用した心理テストを行い、視聴前後でストレスや不安がどのように変化するかについても調査した。

その結果、かわいい動物の画像や動画を30分間見ただけで、
参加者全員が理想的な範囲の心拍数と血圧へ低下した
(平均心拍数72.2bpm→67.4bpm、平均血圧136/88→115/71)

また、かわいい動物の画像やビデオを見た後、不安が大幅に減少した(平均で約35%減)
さらに、個々のケースでは、不安が約50%低下したケースもあったという。

特に、画像よりも動画の方が人気があり、動物と人間の交流をテーマとするものはストレスの軽減に最も効果的だったという。

研究チームは、「このような結果が出たので、このリラクゼーション法を広め、より多くの学生が試験前にストレスを発散できるようにする予定」とコメントしている。

かわいい動物の映像を見ると癒されることは、多くの人が感じていることだろう。

しかし、今回の研究は、かわいい動物の映像を見ると健康に良いことが、数値で改めて証明されたものだ。

仕事や学業などでストレスや不安を感じたときは、運動や睡眠なども効果的だが、
スマホなどで手軽に短時間で出来る「かわいい動物で癒される健康法」も良さそうだ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。