Science(科学)

NASAの新惑星探査に「誰でもいつでも参加可能」

太陽系は、太陽(恒星)の周りを惑星(地球など)が公転して構成されている。
そして同様に、「系外惑星」とは、恒星の周りを惑星が公転して構成されている。つまり、太陽系以外のその構成を意味する。

Image by pixabay

2018年4月、NASAは、新たな系外惑星を発見するため、宇宙望遠鏡の「トランジット・系外惑星探索衛星(略称:TESS)」を打ち上げた。


TESSは、「トランジット法」を用いて系外惑星を探索する。
トランジット法とは、惑星が恒星の前を通り過ぎるとき、恒星が発する光の一部を遮るため、その光の変化から惑星の存在を確認する手法だ。
例えるなら、太陽と地球の間を月が通り過ぎるときに、地球から日食を確認できる(光の変化から月の存在を確認できる)ようなものだ。

日食
Image by pixabay

そして、惑星が恒星の前を通り過ぎるとき、恒星の光は惑星に存在する大気を貫いて来るため、その光を分析することで惑星の大気の組成などを推定する手掛かりとなる。

つまり、TESSは、生物の存在できる環境(大気など)がある惑星探索を目的とした宇宙望遠鏡なのだ。

NASAによるTESSについての解説動画
Movie by YouTube

そして現在、NASAは、TESSによって撮影された数百万枚の画像を分析している
通常、画像の分析は、AI(アルゴリズム)を用いて解析する。
しかし、小さく・遠く・混雑した位置関係の惑星は、信号が弱くてノイズがある。
このため、AI(アルゴリズム)で誤検出すること無く判別するのは困難とのこと。
したがって、惑星の有無を精査するためには、最終的に人間が判別する必要があるとのこと。
必要があるとは言っても、数百万枚の画像を1枚ずつ判別すると、担当者の気が狂う

Image by pixabay

そこで、NASAは、「プラネットパトロール」という新プロジェクトを立ち上げた
このプロジェクトは、世界中の人々(ボランティア)に、TESSによって検出された惑星であると思われる候補が「本当に惑星なのか」の判別をお願いする

このプロジェクトの特徴は、世界中の人々が誰でも・いつでも・簡単に・好きなだけ参加可能な点だ。

参加者は、ブラウザ上から登録不要で匿名で参加できる。
参加内容は、表示された写真について、「赤枠の中央付近に赤丸が存在するか否かを判別してクリックするだけ」の単純作業だ。

プラネットパトロールの詳細と参加は、こちらから。

さっそく私も写真を何枚か判別してみた。

あなたが見つけた惑星が、将来的に地球外生命体の発見に繋がったり、遠い未来に人類が移住する惑星になるかもしれない
そう考えると、とてもロマンとチャンスがある良いプロジェクトだ!ワクワクする。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。