Health and Medical(健康・医療)

トランプ大統領へのコロナ超最新治療法の内容

9月29日、アメリカのニューヨーク州に本社を置く「リジェネロン社」は、新しい治療薬の「抗体カクテル(REGN-COV2)」がCOVID-19に対して有意な効果を発揮したことを自社のホームページで発表した。

この発表によると、同社の抗体カクテルは、軽症の患者に対して、素早くウイルス量を低下させて症状を緩和する効果があるという。

この抗体カクテルは、2つのウイルス中和抗体(REGN10933とREGN10987)で構成されている。

ここで、中和抗体とは、ウイルスの感染力(抗原)を不活性化(失活)させる抗体をいう。

したがって、この抗体カクテルは、ウイルスの感染力そのものをブロックするように設計されているという。

新型コロナウイルス
Image by pixabay

そこで、リジェネロン社は、平均年齢44歳の患者275人に対して、高用量(8g)と低用量(2.4g)の抗体カクテルを投与する臨床試験を行った。
なお、比較のためにプラセボ(偽の薬)も投与した。

その結果、死亡者はいなかったが、重篤な有害事象が低用量患者1名に発生したとのこと。

しかし、患者の症状が緩和されるまでの平均時間は、プラセボで13日だったのに対して、高用量(8g)で8日、低用量(2.4g)で6日であった。
この結果より、同社の抗体カクテルは、症状が緩和されるまでの時間を短縮する効果があるとのこと。

そして何より驚きなのが、CNNによると、
大統領の医師であるショーン・コンリー博士が、「10月2日リジェネロン社製の抗体カクテルを、トランプ大統領へ8g(高容量)を投与した」と発表したとしている。

Image by pixabay

11月の大統領選に向けて短期回復を優先したのだろうが、
「臨床試験の結果発表から僅か3~4日で、高齢74歳である国の最高権力者へいきなり投与する」という超スピーディーでハイリスクな試みだ。
米国でもこの投薬について、議論になっている。

なお、レムデシビルも併用しているのとのこと。

世界最高峰の医療を受けれる環境にあるので大丈夫だろうが、
8日後、トランプ大統領の容態が回復することを祈る。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。