Health and Medical(健康・医療)

【驚異的】 咳の音だけで、無症状の新型コロナ感染者を100%の精度で識別できるAIを開発

新型コロナウイルスについては、無症状者が多く存在することがわかっている。
しかし、無症状の人は、ウイルス検査する可能性が低く、無意識のうちに他の人に感染を広めてしまう。
このため、この無症状感染者によって感染が爆発的に拡大する可能性(パンデミック)が指摘されている。

そこで、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが、新型コロナ無症状者についての分析を行った結果、
無症状の人は、咳の仕方が健康な人とは異なる可能性がある」ことを発見した。
しかし、この咳の違いは、人間の耳では判別できない

このため、新型コロナ感染者と健康な人との咳の違いをAI(機械学習)で判別することを試みた

研究チームは、今年4月にウェッブサイトを通じて、スマホやパソコンのマイクに向かって意図的に咳をしてもらい、7万件以上の咳の録音データ(感染者・非感染者を含む)を収集した。
また同時に、新型コロナ陽性の有無や症状などについても、アンケートに入力してもらった。

これらの収集した録音データのうち、4000件(内、新型コロナ陽性者は2500件)のデータを用いてAIに学習させた。
そして、新型コロナ感染をAIで診断するツール(AIモデル)を開発した。

その後、別件の1000件の録音データを使用して、このAIモデルがコロナ患者と健常者の咳を正確に識別できるかどうかをテストした。

その結果、このAIモデルによって、新型コロナ感染者の98.5%について、陽性だと正確に識別できたとのこと。
このうち、無症状の新型コロナ感染者については、識別精度が100%のとのこと。

これらの研究については、10月29日、MITの公式HPで発表された。
なお、そもそもこのツールの基礎は、アルツハイマー病を会話音声から判定するAIモデルを応用したものであるとのこと。

現在は、世界中の病院と提携して、より多数・より多様な咳の記録を収集しており、AIモデルの精度をさらに強化する取り組みを行っているとのこと。

また同時に、民間企業と協力して、このAIモデルに基づいた無料アプリの開発に取り組んでいるとのこと。

研究チームは、「このAIモデルの強みは、無症状者の咳と健康な人の咳を見分ける能力にある。誰もがこのAIモデルを使用すれば、パンデミックは過去のものになる」とコメントしている。

新型コロナ感染者の識別精度が98.5%は、PCR検査よりも精度高い。
(なお、PCR検査の精度は発症日で94.39%。詳しくは当サイト記事を参照のこと)

さらに、無症状者のAI識別精度は100%

そのうえ、無料アプリって…毎日無料で簡単に検査できるし、検査する医師の感染リスクも無い。
(PCR検査は、自費で1~3万円程度)

もはや無敵ですよね?

パンデミックの沈静化を図るという意味では、ワクチンよりも良策かもしれない

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。